カテゴリー
PC

Macの文字入力が遅くなったら確認したい設定

文字入力がすごくもっさり!

文字入力が遅い状態

Macの文字入力がすごく遅くなって、特に日本語は文字を入力すればするほど、遅くなっていきます。

連続入力や文字を消したいときにdeleteを押し続けたときにも遅い。

文字入力が遅くなる原因はなんなのか、調べてみました。

原因はMacのキーボードと入力ソースの2つの設定にありました

  • システム環境設定 -> キーボード

キーボード設定

まずキーを押し続けて遅かったのは、「リピート入力認識までの時間」というところが真ん中くらいになっており、これを短いの方に寄せることで、キーを押し続けてもすぐに反応するようになりました。

あんまりこれを遅くしたいことがない気もしますが、短いでちょうどよかったです。

  • システム環境設定 -> キーボード

入力ソース設定

入力ソースでは「推測候補表示」にチェックが入っていたら、外してみてください。

  • 推測候補表示とは?
    入力中に変換候補をあらかじめ表示してくれるという機能です。
    この機能がONになっていることで日本語を打つと変換候補を推測するという動作が走るため、やたらともっさりした印象になります。

候補表示は便利な機能だと思いますが、普段からPCに慣れている人とか、前から使っている人だと自分のタイミングで変換したくなるし、

候補が微妙におかしかったりして、それが原因でもっさりされるくらいであれば、僕はオフにしました。

それ以外の原因

ネットを調べても、ハードディスクユーティリティーで権限を修復しろとか、画面の明度?を下げるとか、いろいろなことが言われています。

試してみたところあまり効果があるのかわかりませんでした。

上記「推測候補表示」と「リピート入力認識までの時間」の設定に関してはすぐに効果がわかるくらい変わりました。

Macの文字入力が遅くなったら確認したい設定まとめ

  • キーボード設定の「リピート入力認識までの時間」を短いにしてみる
  • 入力ソース設定の「推測候補表示」のチェックを外す

ちなみに設定前と設定後のアニメーションgifをつくってみました。アニメーションgif自体がカクカクしているのでちょっとわかりづらいですが、日本語の部分は早くなっているのがわかると思います。

文字入力が遅い状態
設定前。文字入力が遅い。

 

設定後の文字入力アニメーション
設定後。文字入力が早くなりました!

 

カテゴリー
ckeditor

久々にckeditorがどうなっているのか見てみました

ckeditorについて久々に調べてみました。
最近のエディター事情にはほとんどついていけず、たまには調べてみるかということで調べてみました。

リッチエディターをお探しの際には参考にしていただければと思います。

ckeditor最新バージョン

最新バージョンは「4.5.8」のようです(2016/3/31)。
4.5.8ではカラーピッカーの部分を細かく修正できるようになっています。

  • config-cfg-colorButton_enableAutomatic
    default: true
    カラーピッカーを表示したときに、自動で色のタイル一覧を表示するかどうか
  • onfig-cfg-colorButton_colors
    default:  ‘000,800000,8B4513,2F4F4F,008080,000080,4B0082,696969,’ +
    ‘B22222,A52A2A,DAA520,006400,40E0D0,0000CD,800080,808080,’ +
    ‘F00,FF8C00,FFD700,008000,0FF,00F,EE82EE,A9A9A9,’ +
    ‘FFA07A,FFA500,FFFF00,00FF00,AFEEEE,ADD8E6,DDA0DD,D3D3D3,’ +
    ‘FFF0F5,FAEBD7,FFFFE0,F0FFF0,F0FFFF,F0F8FF,E6E6FA,FFF’
    カラーピッカーを表示したときの色の一覧を指定します。

また、これ以外にも幾つかのバグフィックスが含まれているようです。
詳しくはリリースノートをご覧ください。

ckeditor4.5.9

時期リリースの「4.5.9」は来週5月4日にリリースを予定しているとのこと。
http://dev.ckeditor.com/milestone/CKEditor%204.5.9

開発状況はこちらのチケットシステムから知ることができます。

ckeditor5

さらにさらに、次にはなんと「4.6」が待ち構えているようです。
https://dev.ckeditor.com/milestone/CKEditor%204.6.0

さらにさらにさらに!時期バージョン「ckeditor 5」がもうリリース予定。

パフォーマンスやデバイス対応なども見直され、一部ckeditor4のものが使われることもあるようですが、「新しいものを生み出すために再考した」というような英文もあったので、おそらく全く新しいものに生まれ変わるのではないかと期待しています。

すぐに使ってみたいという方はこちらを見て使ってみてください。

https://github.com/ckeditor/ckeditor5-engine

こんな便利なツールがOSSなんて信じられないですね。

カテゴリー
movabletype(mt) Perl

MTでアップグレードが終わらない時にはコマンドから実行しよう

MovableType(MT)のアップグレード

毎回毎回お久しぶりの記事になってしまいます。。。

さて、今回はある案件でMTのバージョンを上げる、つまりはアップグレードするという案件がありました。

通常MTのバージョンアップは簡単です。

  1. 最新バージョンのファイルをFTPやSFTPでサーバーにアップロードする
  2. 管理画面にアクセスするとアップグレードを促される
  3. ログインしてアップグレードが始まる
  4. 終わったらアップグレード後のMTが使える

このアップグレードはデータが少ない環境であれば、ほんの数秒で終わります。

ただし、データ量、環境によってはアップグレードにものすごく時間がかかります。

MTのアップグレードはあまりに時間が長くかかってしまうと、たいていのサーバーでタイムアウトの処理が走り、アップグレード自体の処理も途中で止まってしまいます。

サーバー自体の設定をいじっても、何時間もかかってしまうような処理だと今度はデータベースでトラブルが起きたりと、トラブルのオンパレードに見舞われてしまいました。

もうあんな思いはしたくない!!

MTアップグレードはコマンド実行で簡単に

ある方のアドバイスにより、便利なコマンドツールがあるよ!ということで試してみました。

なんと、アップグレードをウェブから画面で行うのではなく、コマンドを実行するだけで完了するという便利なツールです。

使い方は簡単!mtがインストールされているディレクトリのtools/upgradeを起動するだけ

# cd dir_to_mt
#perl tools/upgrade --name=admin

そのままでは実行できないので必要なオプションを指定します。

  • –name アップグレードを実行するユーザを指定します
  • –sql アップグレードを実行した時にデータベースに投げられるSQLを表示させる(このオプションを指定するとdryrunも指定したことになるので、アップグレード処理は実行されません)
  • –dryrun アップグレード処理は実行せず、実行した際のログだけ表示する

ここでMTをプラグインなどでカスタマイズしている人は、外部モジュールなどを使っている場合、モジュールにパスが通っておらず、エラーになってしまう場合があります。

upgradeシェルは中身を見てもらうとわかるのですが、perlでできています。(コマンド打つ時もperlって打ってるしね)

なので、実行時にモジュールを指定してあげることで解決できます。

 # perl -I "modules/ex"  tools/upgrade --name=admin

このコマンドを実行して後は待つだけ。

ブラウザとにらめっこしながら、タイムアウトになったらどうしようなんて心配もいらない。

幸せなアップグレード、幸せなMovableTypeライフを!