カテゴリー
フリーランス

フリーランスのスキルセット

フリーランスをやっていると、いろんなことができなきゃいけない、というのをよく聞く。

実際どうなのよ?というのはやっぱり人それぞれだしクライアントにもよるけど、例えば、、、と自分のやってることをまとめてみたら、、、

mt(movabletype)を触ることが多くて、perlでがっつり書いて、

ブラウザのテストを書こうとしたら面白そうなnodeとwebdriverでjs書いて、

おっとWordPressのサイトの保守で修正しなきゃってphpとかhtmlとかcssと戦って、

やっぱりフリーランスだし何か生み出さないととiPhoneアプリ作るのにswiftチャレンジして、

他のアプリで起きてる障害のデバッグでライブラリの関係でどうしてもobjective-cで書かなくちゃいけなくて、、、
なにやってるのか自分でわからなくなってきた笑

個人的には言語にこだわりも何もない。

やりやすそうな言語で書きたいけど、クライアントから指定されればやりにくかろうとそれで書く。

それぞれ事情があるだろうし、間違っていることは指摘するけど、どの言語で書くかなんてよほどのシステムでない限り、ほとんどカバー出来る領域なのではないのかな。

最近の若者はperlなんて古い言語は嫌いで、rubyとかpytonとかが好きらしい。

perlは人がいないから需要過多でお仕事は見つけやすいと思う(自分の周りを見た限りは)

というわけで、結論としては、なんでもできたほうがよいと思いますよ。

一分野にすごく詳しい!というのも貴重だし欲しいだろうけど、その分野で仕事がない場合、なくなった場合にはどうするの?っていう心配も必要。

フリーランスであれば、あれこれなんでも触って、抵抗なくしておいて、いざという時には得意というほどではないけどできますよって返せるようになっておいたほうが、収入とかも安定すると思う。

もちろんそのための努力は常にしなきゃだから辛いけども。

八方美人になりたい。どこから来ようと笑顔で返せるくらいの実力が欲しい。

カテゴリー
フリーランス

フリーランスになって1年が経ちました

どーも!増子良太(ますこりょうた)です。

タイトルにもあるように、2014年6月25日に開業届けを出してから丸一年が経ちました

1年前はこんな自分に仕事なんてあるのか?家族を養えるほど収入が取れるのか?収入がなくなった場合どう動くのか?自分に仕事をもらえるほどの価値があるのか?

そんなことばかり考えていて、不安で毎日押し潰されそうでした。

今は色々な人に助けられ、時には自分の能力では回らないくらい仕事を頂く時もあり、迷惑がかからないように日々頑張っています。

もちろん育児も手を抜かないように自分の時間に都合がつく限りは保育園のお迎えに行ったり、土日の日中は基本的には仕事をせず、子供と遊ぶ時間を作っています。

フリーランスになりたての頃の不安は少しは和らいだけど、やはり心の片隅のどこかに引っかかっています。それが嫌だとか精神的に負担だという面もあるけども、正社員で何の不安もないほうが今では怖いと思っています。

不安だから考える、もし何かあった場合にはどうしよう、そんなことを日々考えているので、おそらく人より早く対処できる気がするし、人より多くの選択肢を今から準備しておけるとポジティブに考えるようにしています。

もちろんそれがうまく行くという保証もありませんが。。。

私の場合、奥さんと4歳の子供がいます。

奥さんが正社員で稼いでくれるからという面は1人ではできませんが、やっぱり男としては奥さんの収入で暮らすなんて、、、プライドが許しません。結婚する時に【俺がこの家族を守っていくんだ!】と決意したわけです。

周りには「ダメだったらバイトとかするし、それでもダメなら正社員に戻れば良い」と強気で言ってましたが、内心は毎日不安不安不安。。。

毎日色んなお金が出て行く中、バイトの収入でどうにかなるのか

正社員に戻るって、フリーランスを挫折した私を拾ってくれる会社なんてあるのか

でもそれを表に出すと家族に余計な心配をさせてしまう。

今まで会社の中で仕事が勝手にあって、勝手にアサインされる。もちろんそれが全部ではないし、自分からこうしたほうが効率が良いと思って動いたりはしていたけど、基本的には営業なんてしなくても仕事がある状態です。

それがフリーランスになると、自分で動かないと仕事は勝手にアサインされたりしません。

営業なんてしたことないから、やり方も全然わからない。

会社を辞める日に色んな人にお世話になった挨拶メールをしていて、その中で今後も仕事として続けられそうな方には、フリーランスになるのでもしよければお仕事手伝わせてくださいなどという営業?にしてはものすごく弱気な一文を入れてみました。

結果としてそれが今の仕事につながっている。

当時の上司から相手方へ口利きしてくれていたというのも後から聞いて、すごく感謝しました。

結局フリーランスの営業って、物や自分を売るということではなく、この仕事を誰かに頼みたいけどどうせなら信頼置ける人に頼みたいから、知り合いや知り合いの知り合いなんかにお願いしたいって思う人が多く、そういった人たちとどうやって人間関係を気づいていくかってことなのかなと感じました。

今も仕事は元同じ会社の人や、当時の取引先やその人の知り合いなどです。

今まで自分がやってきたことは、無駄ではない。そう認められた気がして、すごく嬉しいと同時に、今後も信頼を失わないように頑張らないとと身が引き締まる思いです。

今年一年でできるようになったこと

コーディング技術の上達

特にレスポンシブコーディングをやることが多かったので、コーディング速度が上がりました!

PHPの実務経験

去年まだ仕事が決まる前に営業会社に行き、phpは業務経験が短すぎて書けることを、認めてもらえませんでした。。。

MovableTypeのコアな部分の知識

ずっとプラグインを作成はしていたものの、コアな部分はたまにソースを読むくらいでほとんど理解していませんでした。今年一年シックス・アパートさんでMovableTypeの開発をお手伝いさせてもらい、コアな部分に自分のコードが入ったりかなり貴重な経験を積めました!

経理側の知識

給与明細が来て、口座にお金が入っているか確認するのが会社員時代のお仕事ですが、個人事業主になってからは全てが自分でやらなければなりません。せっかくなので去年一年は自分の力とfreeeというサービスを使って確定申告もやりました。freeeが経理の難しいところはオブラートに包み込んでくれるので、経理ができるとまでは行きませんが、勘定科目や減価償却など、用語も覚えました(それすら知らなかった)

去年は自分を労働力として提供してきましたが、今年は何らかの形で物やサービスを提供できたらいいなと思っています。

こんなもの作ってみたい、そんな思いに応えられるように全力で取り組んでいく所存でございます。

今年1年も頑張ります!!

カテゴリー
フリーランス

フリーランスをやる上で大事なこと

フリーランスとして生きて来た半年足らずの経験で書きます。

フリーランスになるまでの言い訳とかなんとなく自分の中にあった悩みに今の自分が答えたらどうなるかというテーマで記事を書いてみます。