増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

mBaaSについて調べていたら

   

 

Parse.comの突然のサービス終了 勉強のためというか、アプリを作りたくて、Push通知を送信するようなアプリを作成しつつ、デザインまで作ってもらったのに。。。 MyHintという作りかけのアプリのトップ画像

アプリ自体の仕組みは簡単で、真ん中のOpenボタンをタップすると、一言ヒントをくれるってもの。 ParseのObjectやPush通知、あとはアプリ解析機能なんかを使ってみようとあれこれやっていた時にこれだし。。。 でも今更アプリをここで開発途中のまま置いとくのも嫌だなと思ったので、代わりに使えるmBaaSを調べてみたりしてた。

結局どこが良いのかよくわからん。 どこも無料枠というものがあって、その枠を超えると有料になる。

無料枠はサービスそれぞれだけど、個人のアプリとかであれば無料枠を超えることもない

swiftやJava(Android)で簡単に使えるSDKみたいなものが用意されている

Push通知はセグメンテーションだったりABテストできるかどうかが差別化のポイント

近いうちにmBaaSでやっている会社は競争に勝つか負けるかで大きく方向転換しなければならないんだろうな。

あとはもうどれだけ資金が持つのかとかにもよるのかな。

ってなことを考えていると、Amazonってすごくうまいなあと今更気づかされた。

無料枠もあるけど1年限定。

あとはすごく安いけど$0.0?とかのお金がかかる。

お金がかかるっていっても月100円とかだし、、、今AWSって流行っているし、、、とみんなが使ってくれれば

無料枠だけで居座るユーザが100万人いるのと、月100円くれるユーザが100万人いるのと 0と1億の差が出る。

仮に100万人のユーザの1%が有償プランに切り替えたとして、有償プランが月額3000円として

3000 × 10000 = 3000万円、年間だと3.6億

そんなにうまい計算にはならないだろうけど、年間で3.6億と12億の差が出る

しかも従量課金なら100円の人がちょっとしたトラブル(なんちゃら砲みたいな)で1000円になっちゃったみたいなことになると、 この差はもっと大きくなる

素晴らしい仕組みだ

まったくの 無料 と、 数円 の 有料

請求される側としてはほとんど変わらないのに、積み上がるとものすごいことになる

なんで日本ではやらないんだろ?できないのかな?

1円単位とかになるともちろんクレジットカード決済になるのだろうけど、1円ってできるのかな(数百円の買い物は出来た気がする)

あとは大きな会社じゃないと初期投資だけで吹っ飛んじゃう

インフラって最近開発サイドだとハードなんて意識することはほとんどなくなってきたけど(そうでない部分もたくさんあるとは思うけど) 裏では 機器調達からラックに組み上げてネットワーク組み上げて冗長化して監視して保守して

そういう人のおかげでこちらは画面からポチっとするだけでサーバーが1台出来上がるわけだけれど

そう考えると昔はサーバールームなんてものに入っていろいろコンソール開いてやっていた時代が懐かしい

もちろん銀行とか官公庁とか重要なデータを扱う部分は今もあんまり変わっていないのかもしれないね

そんなことを考えるとアプリ1つにこんなに悩んでいるのはすごく小さいことに悩んでいるな もっといろんなものを開発していきたい!

アプリでもなんでもいいから! せっかくフリーランスになっているからには、世の中に何かしら出したい!

頑張ってこのアプリをまずは完成まで追い込むぞ!

 - mBaaS, サーバー関連