増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

フリーランスのスキルセット

   

フリーランスをやっていると、いろんなことができなきゃいけない、というのをよく聞く。

実際どうなのよ?というのはやっぱり人それぞれだしクライアントにもよるけど、例えば、、、と自分のやってることをまとめてみたら、、、

mt(movabletype)を触ることが多くて、perlでがっつり書いて、

ブラウザのテストを書こうとしたら面白そうなnodeとwebdriverでjs書いて、

おっとWordPressのサイトの保守で修正しなきゃってphpとかhtmlとかcssと戦って、

やっぱりフリーランスだし何か生み出さないととiPhoneアプリ作るのにswiftチャレンジして、

他のアプリで起きてる障害のデバッグでライブラリの関係でどうしてもobjective-cで書かなくちゃいけなくて、、、
なにやってるのか自分でわからなくなってきた笑

個人的には言語にこだわりも何もない。

やりやすそうな言語で書きたいけど、クライアントから指定されればやりにくかろうとそれで書く。

それぞれ事情があるだろうし、間違っていることは指摘するけど、どの言語で書くかなんてよほどのシステムでない限り、ほとんどカバー出来る領域なのではないのかな。

最近の若者はperlなんて古い言語は嫌いで、rubyとかpytonとかが好きらしい。

perlは人がいないから需要過多でお仕事は見つけやすいと思う(自分の周りを見た限りは)

というわけで、結論としては、なんでもできたほうがよいと思いますよ。

一分野にすごく詳しい!というのも貴重だし欲しいだろうけど、その分野で仕事がない場合、なくなった場合にはどうするの?っていう心配も必要。

フリーランスであれば、あれこれなんでも触って、抵抗なくしておいて、いざという時には得意というほどではないけどできますよって返せるようになっておいたほうが、収入とかも安定すると思う。

もちろんそのための努力は常にしなきゃだから辛いけども。

八方美人になりたい。どこから来ようと笑顔で返せるくらいの実力が欲しい。

 - フリーランス