増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

MovableTypeのData APIで簡易画像アップローダをつくってみた

      2015/05/07

今日は雪ですね。

寒がりとしてはもう家から一歩も出たくない。

というわけで、今日はガッツリとソース書こうと決めて、書いてました。

最近は確定申告に向けて数字とにらめっこしていることも多くて、疲れちゃったので。。。

本日作成したMovableTypeのDataAPIを使ったファイルアップローダーのお話です。

MovableTypeといえば管理画面があって、ログインしてから管理画面上で操作するというのが一般的でしたが、バージョン6.より管理画面を通さずにデータの操作ができるDataAPIという仕組みができました。

この仕組みを使うことで独自の管理画面を作れたり、MovableTypeの操作方法がわからない人用に簡易な管理画面を用意することも可能となりました。

今までDataAPIは触ったことがなかったので、今回ファイルのアップロードにチャレンジしてみました。

作り方を解説しようと思っていましたが、ちょっと時間かかりそうなので次回にして、今回はどんなものなのかの解説をします。

まずは作成した画面から!(クリックすると大きくなるよ。)

MovableTypeアップローダー

 

ラベルとかが英語なのは、なるべく英語をつかう機会を増やそうという悪あがきです。

使い方は簡単。

まずTarget Blogでアップロード先のブログを選択します。

次にFilesというところでアップロードしたいファイルを選択します。ここは複数選択できるようになってます。

次にautoRenameIfExistsというのは、同じファイル名がすでにブログ上に存在した場合、リネームしてアップロードさせるかどうかの選択です。アップロードさせたい場合はチェック、エラーとしてアップロードしない場合にはチェックを外します。

これでsubmitボタンを押せば、、、あっという間にファイルがアップロードされ、MT内のアイテム一覧にも表示されます。

アップロードすると、アップロードが完了したファイルを表示します。

これだけの機能です。

この仕組みをうまく利用すれば、dropboxみたいなサービスを作ることも可能になりそうです。
実際にやるとなると、ファイルの暗号化やら制限やらいろいろ考えることは多いと思いますが。

今はDataAPIでできることはだいぶ限られているけど、近々に登場すると言われているDataAPI2.0はやれることが格段に多くなると聞いて、ますますいろいろなことをできるんじゃないかなと想像したりしてます。

ちなみにですが、DataAPIを全て書くのはものすごく面倒なので、DataAPI用のSDKがあるのでこれを使うと上記のような画面が1時間もかからずに出来てしまいます。

github – movabletype/mt-data-api-sdk-js

使い方も親切にwikiに書いてあるし、日本語もあるので英語じゃ読めないよって人もぜひ読んでチャレンジしてみてください。

Home · movabletype/mt-data-api-sdk-js Wiki

次回はこのアップローダーの実装を解説していこうと思います。

 - movabletype(mt)