増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

フリーランスをやる上で大事なこと

      2016/01/28

フリーランスとして生きて来た半年足らずの経験で書きます。

フリーランスになるまでの言い訳とかなんとなく自分の中にあった悩みに今の自分が答えたらどうなるかというテーマで記事を書いてみます。

まずはフリーランスになるためにはどうしたらよいか?

答え:やったらいい!

自信がないとか、貯金がないとか言い訳ばっかりしている人は、一回やってみたらいいんじゃないかと思う。やってみて、ダメならもう一度就職すればいいかくらいの気持ちで大丈夫です。崖から飛び降りるような勇気が必要!ってわけではなく、気軽にやってみたらいいんじゃないかな、というのがここ半年やってみた感想です。。

筆者は妻子がいる上で貯金もなしでやってみて、よく考えたら止めとけよ!って止められるような状態でも、ちゃんと社会と繋がってお仕事ももらえて、生活ができています。

一人暮らしで背負うものがない人とかで、将来起業してやる!!っていう大きな目標持っている人は、まずはフリーランスとかやってみて、会社という盾がなくても生きていけると確信してから起業しても、遅くないと思うし、ものすごくいい経験になると思う。

フリーランスって収入安定しないよね?

答え:やり方次第です!

フリーランスって、自分で営業して自分で契約とかして、お仕事取れない月なんて、、、神にでも祈る気持ちで仕事来ることを待っているとか、靴がボロボロになるまで営業するとか、そんなイメージありました。

筆者の場合、運良く人手が足りない企業様がいて、そこでお仕事をもらっているので、かなり運が良いと思いますが、こういう会社って、今少なくないと思います。

そういった企業とお近づきになれたりお仕事もらえれば、何ヶ月か単位では収入が見込めるわけで、そういった足場というか、ちゃんとした収入が見込める場所を確保できれば、精神的にもすごく安心してお仕事することができます。

その分、技術を磨く時間を作ったり、流行りの技術がどうして流行っているのかとかを考える時間ができれば、より自分のスキルアップに繋がるし、一石何鳥にもなります。

もちろん、そんな仕事くれる人いないよ!って人は、自分で営業するかってなると思うけど、今は営業代行の会社がいっぱいいて、どこも人手不足だからなりふり構わないでやれば、生活できるだけのお金を稼ぐというところまではそこまで難しい事ではない気がします。

偉そうなこと書いてますが、要するに仕事を生み出す人が一番えらいってことですね。

フリーランスなんて、年とったらどうするの?

答え:そんなもん、正社員も同じですよね!?

年とったら、、、エンジニアは30までとか、まだまだとか色々ありますが、これを気にしてフリーランスになることをためらっているなら、まずはやってから考えてはどうでしょう?と言いたい。

だって、将来どうなっているかなんて、正社員しててもわからない。

少なくとも会社にいれば、会社が給料出してくれる!とか思っている人は、会社が潰れたりするなんて夢にも思っていなくて、いざそうなった時に、どうしたらいいのか。。。と途方にくれちゃう気がします。

人間考えすぎは良くない!(無計画もどうかと思いますが。。。)

フリーランスって確定申告とか税金とかも全部やるなんて、好きな事全然できないじゃん!

答え:そうですが、正社員ではし難い経験がたくさん詰めます!

フリーランス(個人事業主)や起業するなどした場合、確定申告や給与の支払いなど、すべて自分で行う必要があります。もちろん、お金を払えば、税理士さんにお願いして、自分は自分の仕事に集中することだってできます。

自分次第ってわけですね。

税理士さんにお願いすれば、たしかに自分の仕事には集中できるけど、それだと正社員で給与は毎月口座に振り込まれていて、税金?勝手に経理のおねぇさんがやってくれているからわからないんだよね〜っていう状態と変わらなくなっちゃうかなと。

少なくとも1年目は自分でやってみようと決めて、今年は確定申告を自分でやってみようと準備しています。

2年目以降であれば、一度自分でやったところはわかっているし、税理士さんに頼んで、ある程度把握した状態でプロの仕事を見るっていうのも良い経験になると思います。

プログラムもそうだけど、ネット上にあるソースコードをコピーして、切り貼りして動いたー!っていう人は、動かすってところはたしかに大事だし、それすらやらない人よりは全然評価できるけど、どうしてこのソースでこういう結果になるんだろうっていうところを理解していないと、あとで応用が利かなくなります。

昔やったソースのこの部分変えたらできるんじゃ?という積み重ねが、意外と役に立ったりするのがプログラマーというお仕事。

その考えと同じで、税金とかお金周りをある程度把握しておくことで、今後もし起業するとか、どこかの会社のお手伝いをするときなんかに役に立つかもしれません。

もちろん全部を理解して税理士の資格を取るとか、そこまではいらないと思うけど。

 

ちょっと疲れてきちゃったのでこの辺にしておきます。

偉そうに語っているけど、この先どうなりたいのか、どんなスキルが必要なのか、常に考え中でまとまってません。

完璧なスキルなんて存在しないし、新しいものがどんどん出てくる世の中、楽しみながらスキルアップしていかなきゃ。

 - フリーランス