増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

WordPressの構造化データがエラーの正しい解決法

   

rmascoです。

さてさて、久々にGoogleウェブマスターツールを見てみると、「検索デザイン」というメニューにびっくりマークが入っていました。

そりゃびっくりして(しないか。。。)とりあえず開いてみます。

そうすると構造化データでたくさんのエラーが発生していました。
これは何かテンプレートをいじりすぎたか。。。と調べてみると、Wordpressで作ったブログは軒並みエラーになっている模様。

さっそくGoogle先生に解決法を聞いてみましたが、どれもこれも解決方法はこれ!と書いているブログは、構造化データ(hentry)を削除しましょうというものでした。

これは解決ではなくて、問題を消しただけでは??

そもそも構造化データというのは、何なのかを調べてみました。

難しいのでざっくり説明ですが、人以外のもの(たとえば検索エンジンのロボット)などがHTMLを見た時に、この部分はブログ記事、この部分はレシピに関する評価、この部分は人について書いてあるなど、HTML上に特殊なタグを埋め込むことによって理解させやすくするというものです。

SEO云々は正直わかりませんが、今までバラバラに書いていたHTMLに統一のクラス名やattributeを付けて、その部分で判定するというものなので、ロボットとしては情報を分類しやすいということになります。

もちろん検索に有利になるとは思えませんが、構造化データのタグを追加しておくと、検索時に表示が少しリッチになったりするので、クリック率が上がるなどの効果はあるかと思います。

エラーの内容

エラーの内容はおそらく下記になると思います。

  • updatedがありません

これは、検索エンジンがクロールしたときに、hentryという構造化データで書かれていると宣言されているのに、必須項目である更新日付(updated)が書いてありませんよってエラーです。

エラーの修正方法

使っているテーマによって変わってしまうので、大雑把に書きますと、まずはブログ記事の部分。

テンプレート内から更新日付を表示している部分を探します。

「<div class=”entry-meta”><span class=”entry-date”>…<time class=”entry-date” datetime=…”」という部分です。

この部分に赤字の「updated」を追加します。

「<div class=”entry-meta updated“><span class=”entry-date updated“>…<time class=”entry-date” datetime=…”」

これでupdatedがありませんというエラーは解決します。

テーマによっては記述がいくつも複数箇所に存在したりするので、修正が大変かもしれませんが、頑張って修正していきます。

エラー修正確認

Googleの構造化データテストツールというサイトがあります。

https://www.google.com/webmasters/tools/richsnippets

こちらを使うと、そのページにエラーが出ているかが分かります。

ウェブマスターツールに出てくるエラーはあくまで検索エンジンがクロールした時のHTMLなので、修正してももう一度クロールしてくれるまではエラーは修正されたことになりません。

上記構造化データテストツールを使うと、今現在のHTMLにアクセスしてエラー判定をしてくれるので便利です。

エラー画面からも簡単に行く事ができます。

  1. エラーになっているURLをクリック
  2. ライブデータをテストをクリック
  3. 構造化データテストツールが開くのでエラーが出ていないか確認

このエラー対応ですが、本当はテーマ側やwordpress側で修正されればいいなぁと思っているのですが、ずっとエラーを出しておくのも嫌だったので、対応してみました。

 - wordpress, その他