増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

TOEIC受験してきました

   

最近寒くて起きる時間がどんどん遅くなってしまっています。

毎朝5時起きでランニングとかしたいと思っていても、やはり「言うは易し、行うは難し」という言葉とおりです。

何か明確な目標とか、ゆずれない目標とかないとダメみたいです。

さてさて、本題です。

先日、会社でTOEICを受験させてもらえるということで、TOEICの受験を行ってきました。

 

受験申し込み〜当日まで

受験の申し込みをすると、受験案内票というものが届きます。

そこには受験場所と、受験当日の持ち物や注意事項などが書いてありました。

受験場所は家から3駅ほど離れた大きな大学。予想は家から歩いて10分の大きな大学だったので、大きな誤算でした。

受験当日は筆記用具、証明写真(受験票に添付)、身分証明賞などが必要になります。

あと、忘れがちなのが時計が大学によってないところもあるようで、腕時計などが必要になります。

最近は携帯電話に時計やそれ以外の機能も多く付いているため、時計を持ち歩かない人も多いので注意が必要です。

受験当日まで1ヶ月あったので、今回は勉強して良い点数取るぞ!と、TOEIC受験向けの書籍を2冊ほど購入しました。

 

受験当日

勉強もしたし、自信たっぷり、、、、というわけにはやっぱり行かず、言い訳はいくらでもできますが、やはり勉強をほとんどすることなく当日を迎えてしまいました。

せっかく受験の機会をもらったのだから、この機会に勉強して英語くらい軽く読み書きできるくらいになってやろうという魂胆も、あっというまに消え去りました。

あとはあきらめて、今の実力を最大限に出すしかない!!そう考えるしか有りませんでした。

試験中は時間が足りなくなるという情報は事前にあったので、とにかく色んなことを時間をかけずにできるようになろうと考えました。

まずマークシートの塗りつぶし。

マークシートの塗りつぶしをしている間にリスニングの問題が終わり、次の問題を聞き損ねる、なんてことがよく有るようなので、塗りつぶすのではなく、これだと思う答えにチェックや棒線、斜線でも良いので目印を付けておき、後で余裕がある時に塗りつぶすようにしました。

こうすることで、リスニングの問題を聞き逃すことは回避する事ができました。

ただし、聞き逃しがないからといって、問題が解ける訳でもないということにも気がつきました。

さらにさらに、わからない問題について悩む時間は1分くらいと制限をもうけました。こうすることで最初の問題に悩みすぎて、後ろの問題が回答できなかったなんてことが避けられるという情報もあったからです。実際、全問回答することができました。

しかし、悩む時間に制限を付けると、後で見直した時に、あれ?ここはAじゃないか?なんてことがよくあります。実際どちらも正解かどうかわからないので、あまり悩む意味もなかったりしますが。

結局無事全問回答し、家路につきました。

受験結果発表

受験の結果はメールで突然現れました。受験の結果はこのURLにあるからログインして見てねーという内容のメールでした。

自信はもちろんありませんし、200点行かなかったらどうしようなんて心配もしていましたが、315点という中途半端な結果になりました。

やはり勉強しないで高得点取ろうなんて考えは、ナメてました。。。

次回こんな機会があれば、準備してしっかり高得点を取りたいと思います。

 - その他