増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

育ってきた環境が違うから

      2013/06/28

こんばんは!rmascoです。

最近渋谷だけではないと思いますがコンビニやスーパーなど、外国の方が店員さんとして、
お店にいることが多いです。

それ自体は悪いことではなくて、すごく良いことだと思います。だって、日本で働くくらい日本にいてもいいって思ってくれてるってことですよね?もちろん複雑な理由をもって働いている方もいるかもしれませんが。。。

ただし、ただし、外国の方を雇う日本企業に言いたい

ちゃんと教育できてますか?

私も海外の人と仕事したことがありますが、やはり育ってきた環境が違うせいか、考え方や行動にズレがあります。それが個性というものなんでしょうが。お金を払ってサービスを受けている側としてはそんなこと言っている場合ではありません。

同じお金を払うのだから、同じサービスを提供してほしいってことです。

海外の方が働いていること自体は良いことだと説明しました。ただし、その方達を雇う側のモラルがないと、店の質がどんどん落ちていきます。海外の方を雇う理由として低賃金で雇えるというメリットだけで雇っているとしたら、そのお店は一度潰れたほうが良い。

お店の経営なんてしたことがないから、甘いことばっかり言いますねと思われてしまうかもしれませんが、
まず外国の方だから低賃金ってイメージがおかしいんですよね。

能力の高い人には高い給与を、能力の低い人は日本人であろうがなかろうが低い給与を。

でないと納得できませんね。もちろん評価する側としては難しいのはわかります。

話がそれてしまいましたが、、、そういった理由で雇うお店では大抵教育が行き届いていない場合が多いです。
飲食店であれば、注文の合間を縫って空いた食器を片付ける、テーブルを整えるとか、そういった基本的なことができてなくて、しかも注文がまったく来なくて、やっときたと思ったら、「ドン」とテーブルに無言で置くとか。

こんな店2度と行かないよ。

これは日本人だろうがそうでなかろうが、関係ないことだと思うんですよ。よくあんなんで店に立たせるなと。

海外の方だから日本人とはやっぱり違うよね

なんとなく思ったのが、これって海外の方のほうが教育にコストがかかるから、教育したくありませんって言っているのと同じだよね。賃金も抑えて教育のコストも抑えて、店の質を下げる。これでどうやって成功するのかな?なんて考えてしまいます。

たしかに考え方や文化の違いはありますが、基本的なお店のサービスというところには関係ないはずです。外国ではお皿なんて片付ける文化はないのかもしれない。すみませんなんて連発するのは日本だけかもしれません。

でも、

でも

お店は日本にあるわけですよね?

お客さんは日本人ですよね?

そういうお店をやっている以上、外国とは文化が違うとか言えないんじゃないでしょうか。

日本でやるなら日本に合わせる。何も空気を嫁とか難しいことは言いませんよ。基本的なところをしっかりやってくださいというだけです。

日本でお店を経営している皆さん、是非とも頑張ってください!!

 - その他