増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

モチベーションの向上と維持

      2013/06/28

おはようございます!rmascoです。

突然ですがみなさんはモチベーション向上や維持のために何をしていますか?

人間はモチベーションの上下で決まる

人間はモチベーションが大事です。これはもう経験しているかと思いますが、自分の中で楽しいことをしているときには時間が経つのが早かったり、物事が進むのが早かったりします。これはモチベーションが高い状態を維持し続けられるために、自分の能力が高い状態で物事を進められるからかと思います。

ただ、仕事に関しては楽しいことばかりしているわけには行きません。辛いことだってあるし、めんどくさい雑用だってあります。そういったネガティブな気持ちになってしまうようなときにどのようにポジティブに変換できるかということが、モチベーション維持にすごく重要なのではないかなと考えます。

人間のモチベーションは下がっていく

最近自分の悩みとしては、プログラミングが好きで楽しくて仕方がないという気持ちがだんだん薄れてきてしまったことです。

好きで楽しくて、色々なことをがむしゃらに吸収し続け、ある程度はプログラミングができるようになると、だいたいのソフトは作れるなという感みたいなものが働くようになります。そうすると、例えばこんなもの作ってみようと考えても、やり方とかを検索したりして、それを読むだけで大体頭の中でプログラミングが完成します。完成したら特に動かなくてもそこで納得してしまいます。納得してしまうことでモチベーションが下がり、作るのがめんどくさくなってしまって、結局作らずに終わってしまいます。

モチベーション維持のためには新鮮さが必要

知らないこと、初めてのことって、ドキドキしたりワクワクしたりします。そういう気持ちがモチベーションとなり、行動に移るのかなと思います。ある程度経験を積んでしまうと、そこで色々なことがやらなくても想像できてしまう、想像できないようなものだとどうやったら完成できるかを考えながら、完成までもっていくことができます。が、想像できてしまうとそこで熱が冷めてしまうので、やらなくても満足してしまうのです。

難しいことは考えない

モチベーションが上がらない時には、難しいことを考えずに色々とやってみるといいかもしれません。僕の場合にはアプリを作りたいという思いがあるけど、完成までの想像ができてしまって、なかなか行動に移せませんでした。もうすでに世の中にあるかもしれない、そんなに難しいことではない、忙しいなど言い訳はいくらでもできますが、とにかくそんな言い訳を振りのけて、作ってみることにしました。

やってみることで見えてくる意外な面

とにかくやってみるということで、自分が見えていない意外な面が見えてきたりします。たとえばアプリ作成であれば、プログラミング自体はすごく簡単にできてしまうものでも、見た目であったり使いやすさを考えていくことや、画像素材や音素材など色々なものが必要となります。必要なので調べたりしているうちに、別の楽しさが発見できたりすると、そこでモチベーションが上がります。最初はすぐにできると思っていても、実はなかなか完成しなかったりするので、やってみてよかったなと思っています。

とにかくやってみよう

モチベーションの向上と維持は大事ですが、そのことばかり考えても悩むばかりになってしまいます。

とにかく行動してみる。わかっていることでももう一度やってみることで、新たな発見が生まれたりします。

とにかく行動、考えない、やってみよう!やってみよう1

 

 - その他