増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

自分の成長に必要だと思う事

      2013/06/28

自分の成長で必要だと思う事

自分はどうすれば会社の中というよりは、社会の中で必要とされる人間になれるのかとか考えていると、色々なことがでてきます。出来るようになるために努力するとか、勉強するとか。でも単純に勉強しろと言われてもめんどうだったり、疲れてしまったりします。しかし、自分を成長させるために勉強や努力などは必須です。ではどうやったら勉強や努力などが苦痛なく出来るようになるかという点で、考えてみました。

すごい人と会う

すごい人というのはちょっと簡略化しすぎましたが、つまりはその業界で活躍されている人、もしくは努力している人です。そういった人たちと出会うことで、単純に勉強になるという面もありますが、モチベーションがかなり上がります。この人すごいな、こんな人になりたいなとか思えれば。。。

でもすごい人と会うにはどうしたらいいのか。すごい人と言っても、芸能人とかそれくらい有名な人でなければ、セミナーや勉強会に参加してみるのが一番簡単です。やはりセミナーなどによってははずれもあるとは思いますが、大抵はモチベーションの高い人たちが集まってきます。そしてモチベーションの高い人たちの中にいれば、自然とモチベーションも上がります。

危機感

自分があんまり成長できていないなって時には危機感が足りない時が多いです。これは環境によるところが大きい気がするのですが、たとえばライバルがいない場合。小さな会社でプログラマは自分一人のような状態の時には危ないです。自分しかできない=自分は現状でできているという満足感が出て来てしまい、危機感が薄れます。危機感がないと、必要がないので勉強や努力などはしません。もしライバルがいれば、この人に仕事が取られて会社から用なしにされてしまうなどという危機感がでてきます。その状況が自分にとってマイナスならば、その状況にならないように努力するなどしなければならない状況に陥ります。

環境はどうしようもないじゃないかという意見もありますが、ようは井戸の中の蛙にならないように自分をしむければ良いのです。たとえば勉強会に参加して色んな人と話してみるだけでも、自分がどのくらいのレベルなのかなどがわかります。また、最新技術関連のセミナーなどに参加すると、自分がどのくらい世間から置いて行かれていたかがわかります。今はソースコードをネット上で公開することも簡単です。公開したソースを色んな人に指摘もらったりすると、周りはこうやっているんだ!と気づくことで、自分の幅も広がるのではないでしょうか。

興味を持つ

最近同僚のすごい人を見ていて、痛感してます。すごい人って、その業界に大しての興味が半端じゃない。好きこそ物の上手なれということわざもありますが、やはり興味があるということは、モチベーションを保ち続けられることになります。だから、勉強や努力と思いもせずに、家でもソースコード書いたりできます。経験値もどんどん上がって行き、いつのまにか周りとの実力差は歴然となります。しかも本人としてはそれを苦しいことなどとは思っていません。ほとんどの人が勉強や努力など苦手だと思います。ただし、いろんなスポーツ選手とかを見ていても、努力をしないでプロになっている人はいないと思います。天才ということばは、ほとんどが努力する事に才があると言ってもいいのではないかと最近では思っています。

でも、興味を持つって、最初から興味ない場合にはどうしたらいいのか。興味がほんとにないのであれば、もういっそ辞めてしまうのはどうでしょう。ちょっとそれは極論すぎますね。一番簡単に出来る方法としては、自分が興味を持っていることと無理矢理でも関連付けてみるのはどうでしょう?

たとえば、プログラマをやっているけど、最近どうも勉強する気が起きない。そういう場合には、自分が興味を持ったことを調べたりして、その結果をブログに書いてみたり。そうすることで、最初はただ書いているだけかもしれませんが、もう少し見た目をこうしたい、見た目を変えるにはロジックを見てみなければなど、仕方なくでも勉強することが増えて行きます。プログラマの場合、人のソースを読む事で自分の経験値も上がって行きます。その他の方法でもいいと思います。たとえば好きなことに関するホームページを作ってみるのもいいでしょう。とにかく色々やってみると、興味がないものでも他の見方をすると興味があるかもしれません。無理矢理だって興味が持てれば、自然と成長につながります。

いかがでしたか?
今日も1日頑張りましょう!

 - その他