増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

SEO病ってなんだろう

      2013/06/28

こんにちは!rmascoです。

本日は最近流行っているらしいSEO病というものについてお話したいと思います。

SEO病とは・・・
本来のブログを始めた目的を忘れて、ひたすらSEO、つまり検索エンジンに気に入られることだけにとらわれてしまう病気のようなものです。

多くの人に見てもらいたい

検索エンジンで検索したときに表示されることを第1に

検索エンジンの動向やアクセス数のみを気にしてしまい、本来の目的を見失う

というところでしょうか。

ではなぜこのようなことになってしまうのでしょう

おそらくは人間の欲に原因があって
たくさんの人に見てもらうのが目的になってしまっているから。 

本当はたくさんの人見てもらって、それが役に立つとか、その人にとってのメリットになるものであるはずです。

その先に広告や購入と言ったフローがあるはずなのですが。。。

まずは見てもらうことが大事!中身はその次だ!
という考え方になってしまう人が増えているようです。

たしかにSEO対策などして、検索の上位にいれば、PVはあがるかもしれません。
でもそれって本当に嬉しいですか??

ただ表示されただけ。そこに情報がないとわかれば、
次にそのホームページは見てもらえなくなります。

僕はプログラマなので、SEOなども意識していました。
ただ、最近のSEO病などの記事を読むことで、
どこか考え方が変わりました。

たしかに検索エンジンにとって評価しやすい文章構造などは大事なのかもしれません。
ただ、それがゴールではなくて、、、

どうやったらその人が表現したいものが表現できるか
書きたいものが自由に書けるか

そこが重要になってくるんではないかなと。

その表現に対して、共感したり、感動したりで、シェアなどが起こり、
コンテンツが評判になり、評価される

この方が流れとしてはスッキリするなと。

そんなことを考えてみたりする今日この頃でした

 - wordpress