増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

ブラウザ競争激化!?yahoo、facebookがブラウザ競争に参戦!?

      2013/06/28

こんにちは、rmascoです。

このブログをご覧の皆様は既にお気づきかもしれませんが、
Googleからadsenceの承認がもらえました〜

せっかくブログやるのだから、少しでもお小遣い稼げたらな〜なんて。。。
ちょっとお見苦しいですが、広告が表示されるようになります。

さて、5月24日に、米Yahoo!が”検索ブラウザ”「Axis」を発表しましたた。
※アクシズと読むみたいです。
なぜ今更ブラウザを!?
と思って調べていたら、色々なことがわかりました。

このAxisというものは、PC版はアプリケーションではなくて、主要ブラウザに対応するプラグイン(アドオン)となっているようです。
プラグインは

  • Google Chrome
  • MozillaのFirefox(バージョン7以降)
  • Internet Explorer(IE)バージョン9以降
  • Apple Safari バージョン5以降

などに対応しているそうです。

ちなみにモバイル版としてiOS(iPadやiPhone)などに対応したアプリが開発されているようですが、
今のところ日本のApp Storeにはまだ出ていないようです。

なぜ今のタイミングでブラウザの発表をしたのか!?
色んなニュースを見ていると、どうやら”検索”という市場を取り戻したいのではないかとの見方が多いです。

このAxisですが、内部の検索エンジンは当然Yahoo!です。
このプラグインを使うことによって、Yahoo!を使う人が増えます。

検索エンジンのビジネスモデルは、検索回数とユーザ数です。
人が集まるところにお金も集まります。

また、Yahoo!は昔RCFP制度というのがあったようです。

  1. Relevance
  2. Comprehensiveness
  3. Freshness
  4. Presentation

Relevance・・・(キーワードとの関連性を高める)
Comprehensiveness・・・(検索対象の網羅性を広げる)
Freshness・・・(検索対象となる情報の新鮮度を高める)
Presentation・・・(より使い勝手のよい検索結果ページの表示を目指す)

Axisを見ていると、「Presentation・・・(より使い勝手のよい検索結果ページの表示を目指す)」というところに注力しているようにも見受けられます。

いずれにしても、現在のブラウザ戦争に風穴を開けることになるのか、どうなんでしょう。

そして、この発表直後、Facebookが「Opera(オペラ)」を買収するというニュースが流れました。
まだまだ憶測の域を超えないようですが、Facebookがブラウザを出せば、
今のFacebook人気も手伝い、かなりのダウンロード数になるのではないでしょうか。

それどころか、AndroidのブラウザのシェアNo.1になるようなこともありえるかと思います。

Facebookは『iPhone』の開発に関わったAppleのエンジニア6人以上」と『iPad』の開発に関わったエンジニア1人」が入り、
独自スマートフォンの開発中かとの噂もあります。

今のところ、本当なのかはわかりませんが、上場からの株価下落、それを取り戻そうとするような動きではあります。

開発側としては、これ以上ブラウザを増やさないで〜という気持ちもありますが・・・

それはそれ、これはこれということで!

 - その他