増子良太のブログです

増子良太が書いているブログです。テーマをしぼらず、思いついたものをただひたすら書いていきます。

MovableType(mt)とWordPress(wp)のそれぞれのメリット

      2015/05/08

おはようございます。というか、こんばんはというか。。。 rmascoです。

今日は風邪気味で体調崩す前に会社にお休みを頂き、一日寝てました。
そのおかげで体調は戻りつつあるのですが、一日寝てたので寝れません。。。

 

さてさて、 本日は、MovableType(MT)とWordPress(WP)についてです。

MovableType(MT)とWordPress(WP)について

2つともブログツールとして進化してきて、最近ではCMSとしての機能強化が行われています。

MovableType(MT)とWordPress(WP)の比較や、違いなどはいろいろなブログがまとめています。
どこがよいとか悪いとか、それは各々判断してもらうとして、私個人が少しだけWordPress(WP)を触ってみた感想を書きたいと思います。

私は普段からお仕事でMovableType(MT)のほうのプラグインを開発したりしています。
MovableType(MT)はフレームワークとしてしっかりしているので、プラグインの開発は覚えてしまえば、1からperlで開発できなくなるほど、よくできているのでは?と思います。

今回勉強のためWordPress(WP)をあえて使ってみましたが、最初に思った感想は、WordPress(WP)はなんでもプラグインだなーというところでした。
テンプレート変更すればよいんでしょ?って思ってGoogle先生に聞いてみると、プラグインがあるよ!とオススメされます。

“オープンソースで世界中の人が開発している”

というのも理由ではあるとは思いましたが、WordPress(WP)のテンプレートの仕組みにも原因があるのでは?と考えました。
MovableType(MT)とWordPress(WP)を比較したサイトに大体書かれていることが MovableType(MT)は学習コストが高い ということです。
WordPress(WP)はテンプレートがPHPで書かれており、プラグインもPHPで記述します。
PHPを知っていれば、WordPress(WP)を何かカスタマイズすることができます。
それに比べてMovableType(MT)はテンプレートはMTMLという独自のHTML、プラグインはPerl、ダイナミックパブリッシングの場合には一部PHPを使います。

たしかにこれだけみれば、学習コストが高いかもしれません。

ただ、一方でMTMLの記述方法など、非常にHTMLとそっくりなので、学習するのにそこまでコストがかからずに済むので、HTMLしか書けないという人でもさらっと書けてしまいます。

ところが、WordPress(WP)のテンプレートがPHPで書かれているのですが、独自関数が多かったり、テンプレートの優先順位とか、正直めんどくさい。。。となってしまっています。

ちなみにこの本を読みながら勉強中です。

PHPによるWordPressカスタマイズブック―3.x対応

 

たとえば、同じカテゴリーにある記事を表示する場合

WordPress(WP)

MovableType(MT)

個人的な意見だと、MovableType(MT)のほうが全然簡単に見える。。。

 

おそらくWordPress(WP)はテンプレートの編集はPHPを知っている人しかできない

プラグインで簡単にできるようにしよう!

 

という発想で、プラグインが多く開発されたのかななんて考えました。

最近は MovableType(MT)に慣れてしまっているせいか、HTMLの中にPHPのコードがあるのが、許せないくらい気持ちが悪い。。。
これはもう個人の好き嫌いによるところなので、どちらがよいかは使う人次第かなと思います。

それ以外のライセンス料だったりもMovableType(MT)はMTOSもあるし。再構築だってやりようはいくらでもあるし。

別にMovableType(MT)の回し者でもないので、MovableType(MT)がよいとは言いませんが、個人的には今のところMovableType(MT)が好きです。

 

このブログはWordPressで作られています。。。

MTに変えちゃおうかな、もう少し使ってみようかな。

悩みどころです。

 - movabletype(mt), wordpress